ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


道の駅そうま

道の駅「そうま」は相馬市の東南端に位置し、市の南北を縦貫する国道6号に接しています。
駐車台数67台、休憩施設、道路情報館、レストラン、体験実習館、地域の物産販売施設などの施設が整備され、地域連携の拠点として、また観光・情報発進・長距離ドライブの憩いの場としてみなさまに親しまれる道の駅を目指しています。

詳しく見る

百尺観音

相馬出身の仏師荒嘉明氏(昭和38年没)が諸国遊歴の後、生涯1仏1体を残そうと岩山を切り開き建立したのが百尺観音(麿崖仏百尺聖観世音尊像)です。氏は30余年を費やしましたが、完成を見ないまま他界しました。現在3代目の嘉道氏が制作を再開。
時が変わっても、人々の幸せを祈り続けています。

詳しく見る

復興チャレンジグルメ

東日本大震災の津波で被害を受けた旅館や飲食店などでつくる「相馬市松川浦観光振興グループ」が2012年春に参加店ごとで考案した魚介類丼料理を「松川浦復興チャレンジ丼」として一斉に売り出してから今回で第4回目。
12軒の旅館、飲食店で4/27(土)から9/1(日)まで開催されます。
是非ご賞味ください。

詳しく見る

涼ヶ岡八幡神社

建武年間(1330年代)に陸奥守北畠顕家の武将結城宗広が、武運長久を祈りこの神社を建立。天文十二(1543)年、相馬市の所領となり鎮守として崇敬。元禄八(1695)年には相馬家二十一代昌胤により宮殿造営、境内整備がなされました。
全面に向拝屋根をおろした流造風の本殿。入母屋造で正面に千鳥破風を飾った拝殿を幣殿でつなぐ権現造の社殿は国の重要文化財に指定されました。
また、毎年秋の例大祭(9月第3金曜・翌日土曜)には、「いもずいも」お振舞いが行われます。

※「いもずいも」とは、芋(里芋)の吸物がなまった方言といわれ、野暮が治り、無病息災・長寿に良いとされる伝統料理です。米を主食とする以前に、芋食文化の時代があったとされており、神様にも奉納されていた名残が現在まで引継がれているのではないかと伝わっています。

詳しく見る

相馬野馬追

南相馬市、相馬市、双葉町、浪江町等で行われる勇壮な祭り。23日出陣、宵乗り、相馬盆踊りパレード、24日騎馬武者行列、甲冑競馬、神旗争奪戦、25日野馬懸。アクセス:JR常磐線原ノ町駅下車。URL:http://www6.ocn.ne.jp/~nomaoi/ 問い合わせ先:相馬野馬追執行委員会

詳しく見る

高瀬川渓谷(田村市)

岩と緑の渓谷美がすばらしい。4月から9月はヤマメ、ハヤは1年通して釣りが楽しめる。アクセス:磐越自動車道船引三春I.Cから50分問い合わせ先:田村市 都路行政局 農林商工課メール:miya-nourin@city.tamura.lg.jpリンク:http://www.webs.to/miyakoji

詳しく見る

坂下ダム

坂下ダムは太平洋が一望できる桜の名所で、年間を通してヘラブナ・コイ・ワカサギ・ヤマメ等の釣りが楽しめます。熊川の支流大川原上流にあり、整備されたダム周辺の遊歩道は、花草木が四季折々に美しく、春には桜が美しく、年間を通してヘラブナ、コイ、ワカサギ、ヤマメ等の釣りができます。お勧め写真スポット:昼間に坂下ダム入り口付近で撮影するのがオススメです。

詳しく見る

天神岬スポーツ公園の桜・やまゆり

4月の中旬に天神岬スポーツ公園のソメイヨシノは見ごろを迎え、第3日曜には桜祭りが行われる。公園周辺には山ゆりが自生しており、2000年7月には全国山ゆりサミットが当町で開催された。

詳しく見る

木戸川渓谷

※原発事故の影響により立入らないでください。両岸は緑につつまれた断崖、奇岩、滝が散在しており、新緑・紅葉時は見事。約40分ほどの遊歩道がある。

詳しく見る

駒ヶ嶺城跡

永禄~天正年間(1570年代)に相馬と新地のつなぎの城として相馬氏により建てられました。天正17年(1589)に伊達氏に奪われましたが、伊達氏は相馬との境目の城としてここを使い続け、信頼できる家来や一族を置きました。戊辰戦争にて、駒ヶ嶺城は浜通り地方最後の戦場となりました。

詳しく見る

1 / 712345...最後 »