ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


道の駅そうま

道の駅「そうま」は相馬市の東南端に位置し、市の南北を縦貫する国道6号に接しています。
駐車台数67台、休憩施設、道路情報館、レストラン、体験実習館、地域の物産販売施設などの施設が整備され、地域連携の拠点として、また観光・情報発進・長距離ドライブの憩いの場としてみなさまに親しまれる道の駅を目指しています。

詳しく見る

百尺観音

相馬出身の仏師荒嘉明氏(昭和38年没)が諸国遊歴の後、生涯1仏1体を残そうと岩山を切り開き建立したのが百尺観音(麿崖仏百尺聖観世音尊像)です。氏は30余年を費やしましたが、完成を見ないまま他界しました。現在3代目の嘉道氏が制作を再開。
時が変わっても、人々の幸せを祈り続けています。

詳しく見る

復興チャレンジグルメ

東日本大震災の津波で被害を受けた旅館や飲食店などでつくる「相馬市松川浦観光振興グループ」が2012年春に参加店ごとで考案した魚介類丼料理を「松川浦復興チャレンジ丼」として一斉に売り出してから今回で第4回目。
12軒の旅館、飲食店で4/27(土)から9/1(日)まで開催されます。
是非ご賞味ください。

詳しく見る

涼ヶ岡八幡神社

建武年間(1330年代)に陸奥守北畠顕家の武将結城宗広が、武運長久を祈りこの神社を建立。天文十二(1543)年、相馬市の所領となり鎮守として崇敬。元禄八(1695)年には相馬家二十一代昌胤により宮殿造営、境内整備がなされました。
全面に向拝屋根をおろした流造風の本殿。入母屋造で正面に千鳥破風を飾った拝殿を幣殿でつなぐ権現造の社殿は国の重要文化財に指定されました。
また、毎年秋の例大祭(9月第3金曜・翌日土曜)には、「いもずいも」お振舞いが行われます。

※「いもずいも」とは、芋(里芋)の吸物がなまった方言といわれ、野暮が治り、無病息災・長寿に良いとされる伝統料理です。米を主食とする以前に、芋食文化の時代があったとされており、神様にも奉納されていた名残が現在まで引継がれているのではないかと伝わっています。

詳しく見る

相馬中村神社

相馬家代々の氏神として崇拝されてきた神社で、中村城郭内の西方にある小高い丘に建つ。相馬野馬追総大将出陣の場所でもある相馬中村神社は、寛永20年、18代藩主相馬義胤によって建立され、流造りによる桃山様式の本殿・幣殿・拝殿は、国の重要文化財に指定されています。初詣の際に馬たちがお出迎えするほか、獣魂祭として、馬躰安全祈願および愛玩動物の身体堅固のご祈祷が行われます。

詳しく見る

請戸川リバーラインの桜

マリンパークなみえを起点として、請戸川沿いに中心市街地付近まで延びているサイクリングロード。風を感じて走ると爽快な気分になれます。ふくしまの遊歩道50選。おすすめ写真スポット:期間中開催される桜まつりで花火が打ち上げられるので、桜と花火を一緒に撮影するのがオススメです。

詳しく見る

相馬小高神社

相馬氏の鎮守、相馬野馬追(野馬懸)の祭場。境内には、ソメイヨシノやしだれ桜が咲き乱れ、桜の名所としてしたしまれています。

詳しく見る

かつらお大尽屋敷跡公園

邸宅跡は2ha余りに及び築城用石を用い、池は近海八景をかたどる等豪壮を極め、磨崖仏など往時を偲ばせます。江戸時代から明治まで約200年間にわたり栄華をほこった松本一族の邸宅跡であり、歴史を感じながら見るしだれ桜は風情があります

詳しく見る

日山(天王山)

岩代町、浪江町、葛尾村、川俣町とまたがる。山ツツジの群生地として知られている。富士山の見える北限の山としても知られる。(問い合わせ先:田村市 船引行政局 農林商工課)

詳しく見る

白幡のいちょう

福島県天然記念物の白幡のいちょうは樹齢約240年。伊達政宗が持っていた、いちょうの鞭を逆さにさしたものであるという伝説~「さかさいちょう」とも呼ばれています。黄色い絨毯の上~雄大な大木を見上げるのも風情があります。遠目~白幡神社の赤い鳥居を中心にして撮ると青空に黄色のいちょうが映えます。

詳しく見る

1 / 712345...最後 »