ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


道の駅そうま

道の駅「そうま」は相馬市の東南端に位置し、市の南北を縦貫する国道6号に接しています。
駐車台数67台、休憩施設、道路情報館、レストラン、体験実習館、地域の物産販売施設などの施設が整備され、地域連携の拠点として、また観光・情報発進・長距離ドライブの憩いの場としてみなさまに親しまれる道の駅を目指しています。

詳しく見る

百尺観音

相馬出身の仏師荒嘉明氏(昭和38年没)が諸国遊歴の後、生涯1仏1体を残そうと岩山を切り開き建立したのが百尺観音(麿崖仏百尺聖観世音尊像)です。氏は30余年を費やしましたが、完成を見ないまま他界しました。現在3代目の嘉道氏が制作を再開。
時が変わっても、人々の幸せを祈り続けています。

詳しく見る

復興チャレンジグルメ

東日本大震災の津波で被害を受けた旅館や飲食店などでつくる「相馬市松川浦観光振興グループ」が2012年春に参加店ごとで考案した魚介類丼料理を「松川浦復興チャレンジ丼」として一斉に売り出してから今回で第4回目。
12軒の旅館、飲食店で4/27(土)から9/1(日)まで開催されます。
是非ご賞味ください。

詳しく見る

涼ヶ岡八幡神社

建武年間(1330年代)に陸奥守北畠顕家の武将結城宗広が、武運長久を祈りこの神社を建立。天文十二(1543)年、相馬市の所領となり鎮守として崇敬。元禄八(1695)年には相馬家二十一代昌胤により宮殿造営、境内整備がなされました。
全面に向拝屋根をおろした流造風の本殿。入母屋造で正面に千鳥破風を飾った拝殿を幣殿でつなぐ権現造の社殿は国の重要文化財に指定されました。
また、毎年秋の例大祭(9月第3金曜・翌日土曜)には、「いもずいも」お振舞いが行われます。

※「いもずいも」とは、芋(里芋)の吸物がなまった方言といわれ、野暮が治り、無病息災・長寿に良いとされる伝統料理です。米を主食とする以前に、芋食文化の時代があったとされており、神様にも奉納されていた名残が現在まで引継がれているのではないかと伝わっています。

詳しく見る

夜の森公園

※震災の影響により内容が変更になっている場合があります。詳しくは各施設等にご確認ください。夜の森公園 (南相馬市)【説明】桜の名所のうち最も親しまれているのが夜の森公園。屋台も繰り出し、ライトアップされる夜桜に多くの見物客が訪れます。桜の見ごろ:4月上旬~中旬

詳しく見る

新田川温泉はらまちユッサ

阿武隈の山間、新井田川のほとりに佇む新田川温泉。『お湯と遊ぶ』をテーマとするこの施設には「かじかの湯」や「かわせみの湯」等の内湯や肩にジェット流をあてる「かたたたき」、体が浮き上がる「うきうきぶろ」、エステバス、サウナ、冷水浴、そして四季を感じられる露天風呂がある。豊かな入浴メニューで楽しめる。

詳しく見る

愛宕山史跡の紅葉

愛宕神社、金蔵院跡、観音堂、地蔵堂、二宮尊徳翁の墓などがある。

詳しく見る

和田観光いちご園

松川浦のほど近く、和田観光いちご園では、毎年1月から5月にかけていちご狩りを楽しむことができます。甘く大きないちごを30分間食べ放題。甘くて美味しいいちごが30分食べ放題。ご家族・友人と食べたいちごの数を比べてみては!※和田観光苺園は太平洋側に面しており、苺園の敷地のうち約3分の2が津波の被害を受けましたが、残された3分の1の農園に、育苗の作業を行い、平成24年1月15日(日)オープンを迎えることとなりました。

詳しく見る

野馬追通り銘醸館

江戸時代後期からの老舗であった蔵元旧松本銘醸跡地の明治・大正・昭和の三時代に建てられた蔵や住居を修繕・復元して、みなさまの「憩いと交流の場」として整備された施設です。常設展示は氷室蔵(酒造りをしていた頃の資料など)・明治蔵(相馬野馬追の甲冑など)・昭和蔵(昭和30~40年代の懐かしい品々など)の3ヶ所あり無料でご覧いただけます。その他一番蔵・二番蔵はギャラリーとして、展覧会や会議、またはミニコンサートとして、貸出をしております。また和室では、地元の食材を利用した季節感あふれる和食ランチを提供する『お食事処 食彩庵』を営業しており、営業時間外は会議室としてご利用いただけます。和室内の庭も丹精されており、大正時代から息づくサルスベリの木が、時代の移り変わりを見守ってきました。

詳しく見る

ビジネスホテル西山(南相馬店)

原ノ町駅より徒歩3分。コンビに目の前。平成15年に客室改装、リニューアルいたしました。

詳しく見る

1 / 712345...最後 »