ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


丸屋旅館

種類:旅館宿泊可能人数:50人全部屋数:6部屋団体の受入:可アクセス:磐城塙駅問い合わせ先:丸屋旅館ファックス:43-2041

詳しく見る

きつねうち温泉

檜や大理石の風呂が評判でツルツルした感触が特徴。

詳しく見る

大池公園

多目的広場、球技場、キャンプ場、遊歩道、日本庭園、茶室などが整備されている。(予約先 球技場、キャンプ場‥生涯学習課、茶室‥都市建設課)問い合わせ先:矢吹町産業振興課

詳しく見る

旅館金勝寺

ビジネス旅館といたしまして、長期滞在歓迎いたしております。

詳しく見る

塙町観光協会

詳しく見る

陸奥代官塙陣屋跡

陸奥代官塙陣屋は、江戸幕府が、享保14年(1729)2月、塙の近隣5万石余を直轄地とし、竹貫(石川県竹貫村)に陣屋を開設し、同年9月、塙に陣屋が移された事により始まる。 塙に陣屋が移された理由は、塙の地が常陸太田街道・平潟街道沿いに位置し、久慈川流域の年貢米の輸送の便、更には奥羽外様大藩のけん制、或は、江戸防衛の重要な地点に位置するためと考えられ、慶応4年(1868)4月まで置かれていた。 塙陣屋の敷地面積は、5、434平方メートル、建物面積1、134平方メートル余で、堀を巡らし、「表御門」をくぐると、「御殿」と言われる代官の住居を兼ねた建物が、南東に面して中心をなし、その北東には、「元締長屋」と「公事方長屋」、御殿真後ろに「手代長屋」と「物置」、南西に「板倉」があった。 また、表御門前には、「年番所」が置かれていた。問い合わせ先:塙町観光協会

詳しく見る

まほろん(福島県文化財センター白河館)

「遺跡から学ぶ自然と人間のかかわり」をテーマに、県内の遺跡から出土した土器や石器を使い、時代ごとの食卓や台所を復元展示しています。また、勾玉づくりや火おこしなどさまざまな体験学習も行っています。勾玉づくりは、年間を通じていつでも体験できます。

詳しく見る

東浄寺薬師堂

いつの頃からか、ここ丘腹の地を聖地とし、現在の東浄寺が移されてきた。それ以前に、通称笹原郷の三薬師の一つとして尊信を集めた本薬師尊が、川向かいの地にあったが、この地へ移されたとの伝承がある。棟札及び堂内の掲額には、宝暦10年(1760)とあり、堂の歴史を物語っている。アクセス:常磐自動車道那珂ICから国道349号利用で1時間10分、東北自動車道白河ICから国道289号国道118号利用で45分、JR水郡線磐城塙駅から車で10分。URL:http://www.town.hanawa.fukushima.jp/ 問い合わせ先:塙町観光協会

詳しく見る

硯石磨崖三十三観音

硯石の地名の由来は、道路より3mばかりの山の自然大岩に直径20cmばかりの硯型が刻まれてあり、弁慶が用いたものとの言い伝えから来ています。場所は、義経が先勝祈願した関山満願寺参道入口にあたり、付近には自然石の岩肌に刻まれた美しい三十三観音像があります。江戸中期元禄の時代、過酷な生活条件の中で「食べ物や健康に不安のない穏やか生活を送りたい」という現世利益の進行が広まり、人々は身近な場所に観音様を彫り、日々拝んだそうです。中央付近にある大きな石に阿弥陀三尊の来迎像もあります。(どちらも江戸時代中期頃に造られたものと推定)種類:神社・仏閣年代:江戸時代アクセス:JR東北新幹線新白河駅からバス30分更に徒歩20分問い合わせ先:白河観光物産協会ファックス:0248-22-0117メール:shirakawakankou@shirakawa.ne.jpリンク:http://shirakawa315.com/

詳しく見る

中華白河屋

県道230号線沿い。電話0247-43-4888。(問い合わせ先:塙町観光協会)

詳しく見る

3 / 2912345...1020...最後 »