ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


風呂山公園

奥久慈県立自然公園で「ふくしま緑の百景」に選ばれた公園。ツツジの名所であり、4月下旬から5月上旬にかけて約3、333本のツツジが咲き誇り全山を真赤にそめる。中腹まで登ると、町内が一望でき眺めがよい。(問い合わせ先:塙町観光協会)

詳しく見る

ユーパル矢祭

いろんなお風呂につかって心も体もリフレッシュ。200名まで利用できる娯楽施設や、バス・トイレ付き宿泊施設、レストラン、大・中・小会議室、各種パーティなどに450名まで利用できるイベントホールもあります。やすらぎと自慢の水アルカリイオン水を提供いたします。関連施設:スインピア矢祭、ふれあい広場料金:日帰温泉 大人 土・日1、000円、平日700円、17時以降500円アクセス:東北自動車道白河I.Cから1時間問い合わせ先:ユーパル矢祭ファックス:(0247)46-4311

詳しく見る

台宿薬王寺薬師堂

本堂は、延宝(1673~1680)の昔、米山中興の祖と言われる宥善上人や、安永(1772~1780)年間の義観上人らの布教等によって、八溝山をとりまく広域に「米山薬師信仰」が高まり、多くの信徒達の寄進により、寛政2年(1790)の春、建立されたと伝えられている。 本堂は、素木造りで、禅宗様式を加味した、この地方には珍しい壮大な造りです。屋根は宝形造りで、方三間、二重の疎垂木。柱は円柱や八角柱を用い、出三ッ斗で、頭貫上には台輪を回し、柱間の中備えにも組物がある。堂の三方は横板壁で囲まれている。回廊と天井は未完成で、内部から茅葺きが見える。堂内は拭板敷で、四天柱を境に内陣があり、腰高の祭壇となっている。 四月祭りと夏の終わりの八朔祭りは、米山祭りと称せられ、近郷近在より多くの人々が集まり、賑わいをみせていたという。(塙町指定有形文化財:昭和51年2月12日指定)。アクセス:東北自動車道白河ICから国道289号国道118号利用で45分。URL:http://www.town.hanawa.fukushima.jp/ 問い合わせ先:塙町観光協会

詳しく見る

白河国際カントリークラブ

フェアウェイの幅が広くゆったりとした感じだが、アンジュレーションがあり、スコアメイクのポイントとなる。コースはバラエティに富んで戦略性が高い。

詳しく見る

レストラン四季彩

湯遊ランドはなわ内。電話0247-43-3000。(問い合わせ先:塙町観光協会)

詳しく見る

ふれあいの郷

誰もがくつろげる憩いの場。泉質は肌がつるつるになるアルカリ性単純泉で、源泉は38℃。(問い合わせ先:中島村総合福祉センター)

詳しく見る

白河関の森公園

奥州三古関の一つ白河の関に隣接する公園。園内には、白河地方の直家造りの茅葺民家を移築したふるさとの家、子供たちに大人気の遊具コーナー、手打ちそばが味わえる飲食店、白河周辺の特産物を取り揃えた売店などがある。また、3月には公園内の梅林に花を咲かせ、花と香りが楽しめるだけでなく白河関の森公園の特産品として甘梅・す梅などの梅漬けの販売を行っております。4月には白河の関に「かたくりの花」が咲き誇り、7月には園内に20種10、000株の「あじさいの花」が咲く。車椅子対応のトイレ有。盲導犬入園可。(問い合わせ先:白河関の森公園管理事務所)

詳しく見る

旅館天神荘

町の中心から車で10分程の位置にある旅館。ビジネス客も利用できる。

詳しく見る

グランディ那須白河ゴルフクラブ

フェアウエイにもベント芝を使用し、美しいホールが連続するRTJコースと、変化に富んだゴルフが楽しめるGBコース。

詳しく見る

白河関跡

奥州三古関の一つ「白河の関」は、奈良時代から平安時代頃に機能していた国境の関で、人や物資の往来を取り締まる機能を果たしていたと考えられています。やがてその機能が失われてからは「歌枕の関」として文学の世界では都人の憧れの地となり、能因法師、西行、松尾芭蕉など時代を代表する歌人・俳人たちが、この地を訪れ歌を残しています。関跡に残る義経伝説や樹齢800年の「従二位の杉」など数々の巨木も情緒があり、現在も風流人の想いを描く地として愛されています。

詳しく見る