ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


白河ハリストス正教会

明治9年(1876)に宣教をはじめ坂本龍馬の従兄弟、沢辺琢磨が白河に居住し初代司祭を務めました。沢辺は日本ハリストス正教会初の正教徒であり、最初の日本人司祭でした。また新島襄のアメリカ密航の手助けをしたことでも知られています。

詳しく見る

二ノ丸茶屋

2011年4月にオープンした、二ノ丸跡地にある甘味処。白河新名物ダルマバーガー、福島県でもここでしか味わえないこだわりの緑茶、あんみつやパフェなどのほかに、うどんのランチメニューもあります。
白河観光物産協会公認キャラクター「小峰シロ」グッズ取扱店

詳しく見る

り菜あん

安全で安心な地元産農産物や農産物加工品を取り揃えています。 り菜あん限定のジェラードはオススメです。

詳しく見る

魔法のランプ・Lamp Cafe(ランプ カフェ)

明治16年に西白河郡役所として建てられ南湖公園に移籍・復元された明治記念会館内につくられたカフェ。明治時代のロマンを感じながらくつろいでみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

新風亭(人力車)

伝統と歴史を今に伝える数多くの史跡が息づく城下町である白河市を10倍楽しませてくれます。人力車の魅力は乗り心地がよく優雅に移動できること。そして引き手さんの案内が分かりやすく時にまじめに、時におもしろおかしく話を弾ませてくれることでガイドブック片手に見て回るより集中して楽しく観光できることです。 もう終り?と時間を忘れるくらい楽しめること間違いありません。

詳しく見る

稲荷山

小峰城から南へ2㎞ほど離れた稲荷山は、奥州街道から白河城下に入る関門で、白河口の戦いでは、旧幕府軍が最も重要視した陣地でした。ここを落とすわけにはいかないと、会津藩や新撰組の山口次郎(斉藤一)などが守備にあたっていましたが、薩摩藩などに三方向から攻められて陥落しました。ここでの戦死者は、700人にも上るといわれています。現在は、山頂上付近は公園になっていて、西郷頼母の碑や会津藩戦死者の慰霊碑などがあります。

詳しく見る

白河戊辰見聞館

「白河戊辰見聞館~戊辰白河口の戦い展~」は、戊辰戦争最大の激戦であり、その後の会津を含めた東北全体へおよぶ重要な戦い「白河口の戦い」についての史料を展示しています。また、白河戊辰見聞館は、蔵や商家など、明治・大正期の建物を活用した複合施設「楽蔵」内にあり、お茶や食事、和雑貨やだるまの絵付け体験ができるお店もありますのであわせてご利用ください。

詳しく見る

日光国立公園・白河甲子高原

福島・群馬・栃木・新潟の4県にまたがる公園で、本県には高山植物の宝庫である尾瀬地区の一部と、那須地区北の白河甲子高原地区が属しています。 日光国立公園の北端部をなす高原で、甲子山(1549m)東麓の甲子温泉・新甲子温泉(西郷村)一帯にあたります。福島県中通り地方の母なる川というべき阿武隈川の源流地帯でもあり、深い原生林と随所に刻み出された渓谷があいまってつくりだす新緑や紅葉の景観美が見どころです。江戸時代後期の白河藩主で隠退後は楽翁と号した松平定信もその自然を愛賞し、勝花亭・楽翁渓などの名所を残しています。国立那須甲子少年自然の家・キョロロン村などのほかゴルフ場や別荘地・行楽施設など、観光開発も進んでおり、那須甲子有料道路で結ばれた南の那須地域(栃木県那須町)と合わせて、変化に豊んだ楽しみと景観を提供しています。指定:国立公園所在地:下郷町・西郷村・檜枝岐村

詳しく見る

木の博物館

ケヤキ、カエデ、トチ、モミ、ブナ、ツツジ、ポプラなど広葉樹60種300点を展示。手造り木工芸品も販売しています。種類:博物館所要時間:30分アクセス:常磐自動車道那珂ICから国道349号利用で1時間10分東北自動車道白河ICから国道289号国道118号利用で45分JR水郡線磐城塙駅から車5分問い合わせ先:塙町観光協会ファックス:(0247)43-2116メール:sinko@town.hanawa.fukushima.jpリンク:http://www.town.hanawa.fukushima.jp/

詳しく見る

かたくり祭り

白河関の森公園で行われるかたくりの開花にあわせて開催されるイベント。地元そば生産組合による手打ちそばや、食べ物や地元産の農産物などを扱う露店が出ます。またもちつきや魚のつかみ取りの体験コーナーや、民話の語りが行われます。場所:白河関の森公園問い合わせ先:白河観光物産協会ファックス:(0248)22-0117メール:shirakawakankou@shirakawa.ne.jpリンク:http://shirakawa315.com/

詳しく見る

1 / 2912345...1020...最後 »