ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


窪田遺跡

縄文時代後期から弥生時代中期までの遺跡で、県内では珍しい再葬墓が確認された。年代:縄文から弥生時代文化財:県指定史跡アクセス:JR只見線只見駅からタクシー20分問い合わせ先:会津只見考古館

詳しく見る

そば打ちのわざ(南会津町湯ノ花)

そば打ち、ばんでいもち作り体験地元そば粉100%で、つなぎなしの手打ちそばを舘岩で味わってみませんか。場所:要望の場所へ出向きます。受入期間:通年人数表示:5人から30人まで所要時間:1時間30分から料金:7、000円+材料代(1団体)担当者:星キミエアクセス:会津鬼怒川線会津高原尾瀬口駅から会津バス尾瀬檜枝岐行きで30分・東北自動車道西那須野塩原ICから1時間20分特記事項:気軽にお出でください。アクセス:会津鬼怒川線会津高原尾瀬口駅から会津バス尾瀬檜枝岐行きで30分・東北自動車道西那須野塩原ICから1時間20分問い合わせ先:星キミエ

詳しく見る

南会津フィルムコミッション

引きがとれる ワイドが撮れる そんな場所をしっています 見つけます。一緒に探します CMロケを得意としています。案内地域:南会津でロケしたい時 希望を聞きながら同行します。予約の有無:平日であれば、ご連絡下さい。ガイド料金:現地ロケ終了後、成果報酬として、ガソリン代と餅代としていただきます。申込み方法:メールでご連絡または、電話で連絡ください。問合せ先住所:福島県南会津郡南会津町針生昼滝山 だいくらスキー場下アクセス:東武鉄道より直通の会津田島駅から100キロ圏内が行動範囲です。問い合わせ先:会津六名館ファックス:(0241)64-2356メール:aizurokumeikan@gmail.com

詳しく見る

大嵐山

湯ノ花集落の東にそびえる秀峰「大嵐山」は湯ノ花温泉から登山道が開かれており、その雄大さと原生林の美しさが堪能でき、山頂からは南洋の山々が一望できる素晴らしい展望が楽しめます。標高:1635m。(問い合わせ先:南会津町舘岩観光協会)

詳しく見る

北ひうちキャンプ場

七入駐車場の手前右側のキャンプ場。

詳しく見る

高清水自然公園の紅葉

自然公園までの道のりは紅葉が美しい。アクセス:会津線会津田島駅からバス1時間。(問い合わせ先:南会津町観光協会南郷支部)

詳しく見る

小林早乙女踊り

慶長年間のある年、きびしい冷夏に見まわれ、長雨が続き大凶作だった。この様な凶作が再来しない様にと村の若者が女装し、田植えのかっこうで、おもしろおかしく踊った所大豊作になり、以来380年もの間欠かさず踊り受け継いでいる。アクセス:JR只見線只見駅下車。URL:http://www.tadami-net.com (問い合わせ先:只見町観光まちづくり協会)

詳しく見る

ぶなだいらの紅葉

ブナの原生林。アクセス:会津鬼怒川線会津高原尾瀬口駅からバス1時間35分尾瀬御池下車徒歩10分。URL:http://www.oze-info.jp/問い合わせ先:尾瀬檜枝岐温泉観光協会

詳しく見る

大内宿

江戸時代には会津西街道の宿駅として栄え、旅の要所として重要な役割を果たしてきた地域。整然とした屋敷割や本陣、脇本陣など当時の姿をとどめている。国重要伝統的建造物群保存地区。街道沿いに並ぶかやぶき屋根の家々。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような錯覚におちいる。これほどまでになぜ保存することができたのか・・。歩きながら色々と思いを巡らせていると、「よってがさんしょ」と店の人が会津弁で声をかけてくれた。そばをはじめとして、地元のおいしいものが並んでいる。不思議ではあるが、懐かしく、穏かな気持ちになれる空間である。街の奥には神社があり、そこに登ると大内宿を一望できる。最近は良く旅番組などに紹介されるアングルではあるが、奥深い会津の山々とあいまって、とても遠くまできたな、という旅情を感じさせる。

詳しく見る

新緑から紅葉まで雄大な眺めが広がる

田子倉湖から浅草岳コース。(問い合わせ先:只見町産業振興課)

詳しく見る