ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


閼伽井嶽薬師常福寺

大同元年、徳一大師の開基。本尊薬師如来は、源海阿闍梨が唐国よりもたらす。閼伽井嶽の中腹にある閼伽井嶽薬師は、いわき三大薬師のひとつとして信仰を集めている。

詳しく見る

田人の石割桜

市指定保存樹木にもなっているヤマザクラ。山間部にあるため開花は遅く、例年4月20日頃に見ごろとなる。大きな石を割って生えた幹はたくましい。おすすめ写真スポット:道路側の空き地からから撮影するか、土地所有者の方に許可を得て裏手の土手まで上がり撮影してみるのも良い。

詳しく見る

三崎公園マリンタワー

太平洋といわきの街を一望できるシーサイドパーク。マリンタワーからは360度大パノラマが広がります。

詳しく見る

湯本・御幸山公園の桜

湯本温泉桜の名所、桜の時期には提灯が灯され、夜桜見学のお客様で賑わいます。見ごろ:4月上旬

詳しく見る

四時ダム

昭和58年(1983)10月に、四時ダムが竣工。「潤」で「ダムに満々と貯水し、いつまでも枯れることなく、潤っているように」との願いがこめられ、石碑に揮ごうされています。四時ダム構内では青空市場が開催されるなど、様々なイベントや見学訪問の受け入れも行っています。

詳しく見る

入の元湯 神泉亭

三大明神山のふもとにある鉱泉。元禄元年に開湯し、300年の歴史を持ちます。明治の頃、大山巌元師が訪れた時病気が回復し、神の水と称え「神泉亭」と名付けました。泉質は高質アルカリ炭酸泉で、露天風岩風呂はガラス張りになっており、景観を楽しむ事ができます。別棟「神泉亭」では囲炉裏を囲んでお食事を楽しんでいただけます。また、6月には庭に咲くバラの花弁を岩風呂に浮かべ「香水薔薇風呂」をお楽しむことができ、特に女性客に喜ばれています。※13:00~18:00日帰り入浴可能。お部屋ご利用は要予約となります。

詳しく見る

専称寺

かつては、奥州浄土宗の総本山であった。梅のお寺としても有名で、白梅を中心に約500本の梅の木があります。満開時は山全体が、芳しい梅の香りに包まれます。本堂、庫裡、総門は国指定重要文化財。お勧め写真スポット:麓から梅に覆われた山全体を撮影したり、朱塗りの鐘楼を入れて撮影などがおオススメです。種類:寺所有文化財:木造聖観音菩薩坐像(市重文)梅の見頃:3月上旬~下旬アクセス:JR常磐線いわき駅から夏井西原行バス10分、常磐自動車道いわき勿来ICから車で約10分問い合わせ先:専称寺HP:http://sensyouji.com/

詳しく見る

露天風呂の宿 ホテルみちのく

天然温泉の露天風呂。湯量豊富で大浴場と露天風呂(岩風呂、桧風呂)あり交通の便良く東京より電車で2時間、常磐道で2時間30分、磐越道で新潟より3時間と大変近くなりました。海岸にも近く、小名浜港で水揚げされた新鮮な魚貝類は味が格別です。

詳しく見る

松ヶ岡公園の桜

約270本のソメイヨシノが中心。いわき市内で最も古い公園で、桜やツツジの名所。JRいわき駅からも歩いて行けるのが魅力。豆汽車やメリーゴーランドと共に撮影すると、ほのぼのとした雰囲気に。磐城平藩第4代藩主安藤信正公像を桜で囲むように撮影しても面白い。

詳しく見る

白水阿弥陀堂

岩城則道公の妻徳尼が夫の供養のために建立したといわれる、平安後期の代表的な阿弥陀堂建築です。福島県では建造物として唯一国宝に指定されていて、美しい曲線を描く屋根と浄土式庭園が調和した、優美な姿を見せてくれます。7月中旬から9月初旬にかけては「古代ハス」が見頃。秋の紅葉もたいへん美しく、初夏はあやめも美しい場所です。

詳しく見る