ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


いわき市フラワーセンター

1年を通して約600種類・5万本の様々な植物を敷地面積約260,866.62m²の広大な園内で見物することができます。年間を通じて楽しめるイングリッシュガーデンやバラ園が人気です。

詳しく見る

ヘレナ国際乗馬倶楽部

元オリンピック日本代表選手の細野茂之氏が総合プロデュースするヘレナ国際乗馬倶楽部は日本最大級の乗馬施設であり、建物はすべてイギリスから取り寄せたレンガで造られているため日本にいながらヨーロッパの雰囲気を味わえます。気候も夏は涼しく冬は暖かいため四季折々の自然のなかで、お気軽に乗馬を体験することができます。

詳しく見る

カジキグルメ(小名浜美食ホテル)

震災前まで、「ビルフィッシュトーナメント(カジキ釣り大会)」も開催されるほど、いわき沖のカジキは大きいサイズが釣り上げられていました。
そこで、「いわきの水産業の灯を消さない」、「潮目の海を蘇らせる」との思いから、カジキを使った新グルメが続々と名物となっています。

小名浜美食ホテルでは2012年10に開催された、第二回みなとオアシスSea級グルメ全国大会 in ONAHAMAでグランプリに輝いた「カジキメンチ」や「カジキソースかつ丼」を味わうことができます。

詳しく見る

とまとランドいわき

とまとランドいわきで栽培しているトマトは『りんか409』という品種で、桃太郎と並び糖度が高く食味が良い品種として人気が高い品種です。特にりんか 409は桃太郎と比べて非常に病気に強く(=農薬の使用が少ない)実がしっかりしていて糖度(甘さ)が非常に高という特徴があります。一年を通して行っている収穫体験も人気の秘密です。

収穫体験:500円

詳しく見る

アグリパークいわき観光いちご園

いちごの種類はとちおとめ・紅ほっぺ・章姫の3種類。
温室内の苗は環境にやさしい溶液栽培で、大人は腰をかがめずに、子供はちょうど取りやすい高さの2段で栽培されております。
入園時間の制限がないため、甘くてみずみずしいいちごをお腹いっぱい堪能できます。
<開園期間>12月下旬~6月上旬

詳しく見る

ふくみや

桜の時期限定の和菓子。桜色に色づけされた餅米で粒あんを包んであり、桜の塩漬けがトッピングされている。他に豆大福も有名です。名物の大福は品切れになるため、お早めにお越しください。

詳しく見る

三崎公園の桜

小名浜港を望む高台にある三崎公園は、桜の名所としても市民に愛されている。遊具もあるため、休日にはお花見を楽しむ多くの家族連れで賑わう。海と桜の両方を楽しめるスポット。

詳しく見る

いわき市石炭・化石館 ほるる

常磐炭田の歴史と、市内で発掘された化石を展示する施設です。

詳しく見る

みゆきのいちご園

いわき市四倉町にある「大野水耕生産組合」が営業しています。高さ約130センチメートルのロックウール培地に水耕栽培されていて、子供でも採りやすくなっています。品種は「とちおとめ」「章姫」「ベニホッペ」12月~5月10日 大人1200円 小人1000円 幼児1800円 70才以上800円5月10日~6月頃 大人1000円 小人800円 幼児600円 70才以上600円

詳しく見る

大國魂神社

創建は養老3年(718)以前に遡る、当地方最古の神社。恵比寿・大黒様のお宮として、市内外からの崇敬多数。延喜式内社、磐城郡七座の首座。旧県社。神社の杜は市天然記念物指定。樹齢千数百年の大杉は有名。地元民からは「すぎなみさま」と呼ばれ親しまれている、いわきでも最も古いと言われている神社。種類:神社ご利益:家内安全、交通安全、商売繁盛、縁結び例祭日:5月3日から4日所有文化財:宝物「國魂文書」(県重文)アクセス:JR常磐線いわき駅から西原行バス10分問い合わせ先:大國魂神社ファックス:(0246)34-9095

詳しく見る

1 / 812345...最後 »