ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


大玉TAIGAカントリークラブ

安達太良の秀峰を間近に仰ぐ本格的アメリカンスタイルの林間コース。四季折折の風景が各ホールを特色づけるバラエティ豊かな27ホール。ホール:27H期間:3月中旬から12月中旬関連施設:ホテル、温泉プール、フィットネスジム、ビリヤードコーナーアクセス:JR東北新幹線郡山駅からクラブバスで30分、東北自動車道本宮I.Cから15分問い合わせ先:大玉TAIGAカントリークラブファックス:(0243)48-4567

詳しく見る

大鳥城跡

平安末期に信夫庄司・佐藤氏の居城で、1185年に源頼朝に滅ぼされた。出丸跡、館跡、空濠跡等が残り、舘の山公園として親しまれている。種類:城跡・宿場跡・戦場跡・史跡など年代:平安末期アクセス:東北自動車道福島飯坂I.Cから10分、飯坂線飯坂温泉駅から徒歩20分問い合わせ先:飯坂温泉観光協会ファックス:(024)542-4753メール:info@iizaka.comリンク:http://www.iizaka.com/

詳しく見る

八幡神社(飯坂町)

飯坂町鎮守八幡神社は創建古く年月は不詳であるが、社伝によれば平安時代後期の天喜4年(1056)、後三年の役で奥州に出陣した源義家がこの地にさしかかったとき空に長くたなびく八条の雲を見て、あたかも源氏の白旗が大空に翻るかの様に、義家は守護神の八幡大神が戦勝の験として示されたものと信じ、必勝祈願のために勧請したと伝えられている。その後の養和年間(1181)に、大鵬城主・佐藤庄治基治が豊前国宇佐八幡宮を奉遷して社殿を建立し、武神八幡大神を祀り幾多の武器を寄進して武運を祈願した。時は降って宝永7年(1710)、城内から現在地に再建されたのが現在の社殿であり、3世紀の風雪に耐えて郷内の氏子崇敬者の平安を鎮護した。例大祭は、「けんか祭り」とも呼ばれ、境内で太鼓屋台同士が激しくぶつかり合い入り乱れる様は圧巻である。種類:神社・仏閣年代:平安時代後期文化財:社殿(本殿・拝殿・幣殿)は、平成2年11月6日、福島市指定有形文化財(建造物)第55号に指定された。アクセス:飯坂線飯坂温泉駅から徒歩5分、東北自動車道福島飯坂I.Cから10分

詳しく見る

古志貴神社

天児屋根命を祭神とし、山陰中納言実友卿が神徳を感じて永久5年(1117)に勧請建立したもの。問い合わせ先:伊達市教育委員会

詳しく見る

木幡山

天台密教によって開山されたところで、東北の修験の霊場であった。現在は県の名勝天然記念物に指定されている。問い合わせ先:隠津島神社

詳しく見る

陣屋通り(保原)

保原町内の県道150号は陣屋通りと呼ばれていて、よく整備され保原町のメインストリートとなっています。

詳しく見る

ツーリズムガイド連絡協議会

会員を対象に実施している「ツーリズムガイド全体研修会」案内地域:内のプロとボランティアのガイド等の組織で構成される団体です。平成14年11月に設立され、会員の資質向上のための研修や認定試験を実施しています。予約の有無:ツーリズムガイドは、旅行者の皆さまにインタープリター(解説者)の役割をはたします。予約の有無は各組織ごとに異なりますので、それぞれの組織お問い合わせ先に御確認くださいませ。ガイド料金:料金は各組織ごとに異なりますので、それぞれの組織お問い合わせ先に御確認くださいませ。申込み方法:申込み方法は各組織ごとに異なりますので、それぞれの組織お問い合わせ先に御確認くださいませ。問い合わせ先:ツーリズムガイド連絡協議会

詳しく見る

高子沼

市民の憩いの場となっている高子沼は、1周1.6㎞の遊歩道が整備されており、四季を通じ散策することができる。自然が豊かで、桜や松などが水面に映る姿は風光明媚である。また、高子沼周辺は江戸時代中期の文人、熊阪覇陵が選んだ「高子二十境」と呼ばれる景勝地がある。問い合わせ先:伊達市観光物産協会

詳しく見る

Garden Cafe 庭の千草

福島市西部吾妻山麓の美味しい水に恵まれた後関縄文遺跡内に在ります。季節折々の庭の変化を楽しんでいただきながら、ゆっくりとお茶の時間をお過ごしください。和茶・中国茶・コーヒーなど、手作りのお茶請けもご用意しており、それぞれの飲み方をご説明いたします。また、花々の息吹を間近に感じながらの庭の散策もお楽しみいただけ、店内は和と洋の融合が織りなすおしゃれ空間。テーブルスペースには暖炉、お座敷には箱火鉢もあるので、冬季でも雪景色と一緒にゆったりと過ごせます。

詳しく見る

アートスペース 游

ジュルジュ・ルオー版画、難波田史男作品、シャガールリト作品、下村良之介作品、薮内佐斗司作品 等を随時展示。種類:美術館所要時間:30分開館時間:来館時、電話連絡を。(問い合わせ先:小川内科医院内 アートスペース 游)

詳しく見る