ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


大蔵寺(小倉寺観音)

弘仁8年(817)坂上田村麻呂が東北鎮護のため行基菩薩を開基したと伝わる。境内は梅や桜の名所でもある。拝観料/大人500円 ※2人以上の場合1人300円種類:寺例祭日:旧3月17日所有文化財:千手観音像(国重文)、収蔵庫、観音堂、聖観音像(県重文)、多宝塔、地蔵堂、八幡社等アクセス:JR東北本線・新幹線福島駅から川俣行きバス小倉寺下車徒歩20分、東北自動車道福島西I.Cから15分、福島駅から大蔵寺駐車場まで約10分(但しマイクロ自動車迄)問い合わせ先:大蔵寺

詳しく見る

八幡神社(国見町)

戦の神として信仰される。神社は5世紀後半の前方円古墳で、円筒埴輪と朝顔形埴輪を出土する。東北で屈指の大型古墳上にある。アクセス:東北自動車道国見I.Cから5分、JR東北本線藤田駅から車5分問い合わせ先:大内安次氏宅

詳しく見る

福沢羽山

町の南西にそびえる低山で、頂上からの見晴らしが素晴らしい山です。中腹より麓には、日吉神社や羽山神社、蔵王経塚等の歴史が刻まれている。全般的に登山しやすい山。標高:607mお問合せ先:福沢自事会

詳しく見る

島山

ふくしま緑の百景のひとつで阿武隈川岸の花崗岩の奇岩怪石や、ここに成育するユキヤナギと奥の細道の調和が美しい。カヌー・スラローム競技場ともなっている。ハイキングコース、キャンプ施設あり。種類:渓谷アクセス:JR東北本線二本松駅からバス小川瀬下車更に徒歩30分、東北自動車道二本松I.Cから15分問い合わせ先:東和観光協会ファックス:(0243)46-4122メール:tow.chiikishinko@city.nihonmatsu.lg.jpリンク:http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/kanko/kanko/towa-1.html

詳しく見る

スカイライン・高湯料金所

詳しく見る

パセオ470

延長470m、幅員15m。「陽と風の流れる通り」をメインテーマに、景観、デザインが考慮されており、歩道にはミカゲ石が敷き詰められ、ベンチやガス灯、彫刻が設置され、市民の目を和ませてくれる。所在地:福島市本町から万世町アクセス:JR東北新幹線・東北本線福島駅から徒歩7分問い合わせ先:福島市建設部道路管理課

詳しく見る

あんざい果樹園

“フルーツのふるさと福島”は1年を通じて美味しいくだものがいっぱい!果物狩りで、みずみずしく甘さいっぱいのくだものをたっぷり召し上がれ!【取り扱い果樹】サクランボ/6月上旬~7月上旬モモ/7月下旬~9月上旬ナシ/8月下旬~10月中旬ブドウ/9月上旬~10月上旬リンゴ/9月上旬~12月上旬※果樹園により生産している果樹が異なります。【アクセス】《フルーツライン》・JR福島駅より車で30分・東北自動車道福島飯坂ICから車で15分《ピーチライン》・JR福島駅より車で20分・東北自動車道福島飯坂ICから車で10分《スカイライン》・JR福島駅より車で30分・東北自動車道福島西ICから車で20分《フルーツ土湯ライン》・JR福島駅より車で30分・東北自動車道福島西ICから車で15分《フルーツラインかやば梨生産組合》・JR福島駅より車で30分・東北自動車道福島飯坂ICから車で20分

詳しく見る

国登録文化財[座敷蔵]竹屋旅館

福島に歴史いきづく文化財[座敷蔵]大正ロマンと謳われた洋風の造作街の中心地交通至便、会議会食、文化財内覧、観光、ビジネス、スポーツ、文化大会の宿泊、合宿研修会等に適しております。料金はご予算によりサービス申上げます。ご予約お待ち申し上げます。

詳しく見る

家庭懐石「拓せん」

「自然」の食材と「癒し」の空間が話題を呼んでいる「拓せん」。店内は和洋折衷の空間で、季節の 草花や書、店主が描いた絵画が飾られている。食事は完全予約制で料理は2コース(A・2500円、B・3500円)。契約農家で有機栽培し朝取りされた野 菜や果物など、厳選された自然で新鮮な食材を味わえる。じゅうねんをタレにした白玉やヨモギ麩の揚げ物、自家製がんもやこんにゃくは絶品。食器は、すべて 奥飛騨の陶芸家のもので、料理を引き立てる。大切なひとときを「拓せん」で!2名様より、要予約。昼の部は月・火・第2水曜日を除く正午から午後2時半。夜の部は水・金・土・日 曜日の午後6時半から8時半。自然にこだわり食材厳選アクセス:阿武隈急行上保原駅から徒歩5分。

詳しく見る

有限会社 藤川屋

厳選した十勝産小豆を自家製餡にして沖縄黒糖で練り上げた皮で包み蒸した家伝茶まんじゅうや、希少価値の高い大納言豆を約1週間少しずつ糖度を上げ仕上げた花あずきの他、創作和菓子、季節のお菓子を取り揃えたお店。

詳しく見る