ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


新野地温泉

ブナとシラカバに囲まれた一軒宿。吾妻スカイライン観光、吾妻・安達太良を結ぶスキーツアーの拠点。露天風呂あり。泉質:硫黄泉効能:胃腸病、婦人病、リウマチ、神経痛アクセス:相模屋問い合わせ先:JR東北新幹線・東北本線福島駅西口からスカイライン行バス新野地温泉下車ファックス:(0242)64-3160

詳しく見る

黒塚人形

福島県観光みやげ品推薦審査会合格品。「黒塚人形」とは、有名な安達ヶ原の黒塚に住んでいた鬼女を現した郷土玩具です。販売所:二本松古代玩具研究所問い合わせ先:二本松古代玩具研究所

詳しく見る

ピザとハンバーグの店 くれよん

手作りにこだわりハンバーグソースは20日間ピザソースも1週間かけて丁寧に作っており昔ながらの洋食屋の味わいが楽しめます。ハンバーグは牛8対豚2で脂身の少ない部分を使用。表面に焼き色を付け肉汁を閉じ込めてからじっくりと蒸し焼きにすることによってふわっとした柔らかさを生み出している。ランチはサラダ、ライス、みそ汁、ドリンク付き日替わりパスタランチもおすすめ。(パスタ大盛もOK)ランチタイム11:00~14:00平日のみ、手作りピザ12種類有りテークアウト出来ます。☆☆水のおいしい安達町☆☆収容人数:テーブル7席28名昼食:有弁当:有アクセス:東北自動車道二本松I.Cより国道4号下り線を車で10分北向交差点を左折直進5分ラポートあだち隣り問い合わせ先:二本松市 安達支所 地域振興課

詳しく見る

ヘルシーパルあだたら

種類:旅館宿泊可能人数:40人全部屋数:20部屋設備・サービス:売店、テニスコート、サウナ、露天アクセス:二本松駅

詳しく見る

大鳥城跡

平安末期に信夫庄司・佐藤氏の居城で、1185年に源頼朝に滅ぼされた。出丸跡、館跡、空濠跡等が残り、舘の山公園として親しまれている。種類:城跡・宿場跡・戦場跡・史跡など年代:平安末期アクセス:東北自動車道福島飯坂I.Cから10分、飯坂線飯坂温泉駅から徒歩20分問い合わせ先:飯坂温泉観光協会ファックス:(024)542-4753メール:info@iizaka.comリンク:http://www.iizaka.com/

詳しく見る

八幡神社(飯坂町)

飯坂町鎮守八幡神社は創建古く年月は不詳であるが、社伝によれば平安時代後期の天喜4年(1056)、後三年の役で奥州に出陣した源義家がこの地にさしかかったとき空に長くたなびく八条の雲を見て、あたかも源氏の白旗が大空に翻るかの様に、義家は守護神の八幡大神が戦勝の験として示されたものと信じ、必勝祈願のために勧請したと伝えられている。その後の養和年間(1181)に、大鵬城主・佐藤庄治基治が豊前国宇佐八幡宮を奉遷して社殿を建立し、武神八幡大神を祀り幾多の武器を寄進して武運を祈願した。時は降って宝永7年(1710)、城内から現在地に再建されたのが現在の社殿であり、3世紀の風雪に耐えて郷内の氏子崇敬者の平安を鎮護した。例大祭は、「けんか祭り」とも呼ばれ、境内で太鼓屋台同士が激しくぶつかり合い入り乱れる様は圧巻である。種類:神社・仏閣年代:平安時代後期文化財:社殿(本殿・拝殿・幣殿)は、平成2年11月6日、福島市指定有形文化財(建造物)第55号に指定された。アクセス:飯坂線飯坂温泉駅から徒歩5分、東北自動車道福島飯坂I.Cから10分

詳しく見る

古志貴神社

天児屋根命を祭神とし、山陰中納言実友卿が神徳を感じて永久5年(1117)に勧請建立したもの。問い合わせ先:伊達市教育委員会

詳しく見る

木幡山

天台密教によって開山されたところで、東北の修験の霊場であった。現在は県の名勝天然記念物に指定されている。問い合わせ先:隠津島神社

詳しく見る

陣屋通り(保原)

保原町内の県道150号は陣屋通りと呼ばれていて、よく整備され保原町のメインストリートとなっています。

詳しく見る

浄土平レストハウス

吾妻磐梯スカイラインの中間点として、また吾妻連峰登山の基地として、春・夏・秋を通じてにぎわいを見せています。浄土平にある休憩施設。1階のお土産コーナーには県産品が勢ぞろいし、2階のレストランでは郷土料理が楽しめます。

詳しく見る