ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


は 橋本果樹園

“フルーツのふるさと福島”は1年を通じて美味しいくだものがいっぱい!果物狩りで、みずみずしく甘さいっぱいのくだものをたっぷり召し上がれ!【取り扱い果樹】サクランボ/6月上旬~7月上旬モモ/7月下旬~9月上旬ナシ/8月下旬~10月中旬ブドウ/9月上旬~10月上旬リンゴ/9月上旬~12月上旬※果樹園により生産している果樹が異なります。 詳しくはお問い合せください。【アクセス】《フルーツライン》・JR福島駅より車で30分・東北自動車道福島飯坂ICから車で15分《ピーチライン》・JR福島駅より車で20分・東北自動車道福島飯坂ICから車で10分《スカイライン》・JR福島駅より車で30分・東北自動車道福島西ICから車で20分《フルーツ土湯ライン》・JR福島駅より車で30分・東北自動車道福島西ICから車で15分《フルーツラインかやば梨生産組合》・JR福島駅より車で30分・東北自動車道福島飯坂ICから車で20分

詳しく見る

プラザホテル清月

種類:ホテル宿泊可能人数:11人全部屋数:10部屋設備・サービス:会議室、結婚式場、コンベンションアクセス:本宮駅より徒歩2分

詳しく見る

ペンション清流

種類:ペンション宿泊可能人数:28人全部屋数:部屋設備・サービス:岳温泉・グリーンピア二本松・サフアクセス:二本松駅

詳しく見る

二本松観光ボランティアガイド協会

案内地域:二本松市全域予約の有無:予約制ガイド料金:無料申込み方法:電話[8:30から17:15]、またはe-mail kankokyo@fancy.ocn.ne.jp問い合わせ先:二本松市商工観光課

詳しく見る

飯坂けんか祭り

秋の例大祭は、五穀の豊饒を神に感謝し、氏子崇敬者の隆昌を祈願する祭りである。本祭りの神輿渡御は町内を巡幸したのち、夜の帳が降りると大勢の若衆に担がれた6台の太鼓屋台を従え、御旅所を出発する。神輿を先頭に境内に入り乱れると、神輿の宮入りを阻む屋台が激しくぶつかり合う。揺れる提灯の灯明が夜空を焦がし、負けじと打ち鳴らす太鼓の音が大地を轟かす様は圧巻である。社殿(本殿・拝殿・幣殿)は、平成2年11月6日、福島市指定有形文化財(建造物)第55号に指定された。アクセス:飯坂線飯坂温泉駅下車、東北自動車道福島飯坂I.Cから10分問い合わせ先:八幡神社

詳しく見る

昭泉閣

心が落ち着ける旅館「昭泉閣」 ~源泉かけ流し天然温泉~

詳しく見る

土湯観光ホテルつたや

霊峰吾妻山麓に位置する土湯温泉はその由来を上古まで遡り、古くは聖徳太子のお使いが病を癒したと伝えられ、名湯として親しまれてきましたが、特に江戸時代には、会津街道の湯として栄えていました。 古くから名湯とされた土湯温泉は、大地の恵豊かに今日まで豊富な湯量と効能を誇っております。種類:ホテル宿泊可能人数:120人全部屋数:18部屋設備・サービス:貸し切り風呂売店、ゲームコーナー団体の受入:可アクセス:福島駅(新幹線)問い合わせ先:土湯観光ホテルつたやファックス:595-2001

詳しく見る

桶沼

火口湖の桶沼磐梯朝日国立公園・浄土平につづいた南部の桶沼は、塩の川を隔てて吾妻小富士と相対している古い成層火山である。火口は清れつな濃紺の水をたたえたすり鉢状で、水深は吾妻山群の火口湖の中でも最深の約13mである。この水は浄土平レストハウスや近くにある吾妻小舎の水源でもある。火口壁の一切経山側には歌人斎藤茂吉の歌碑があり、「五日ふりし雨はるるらし山脈の吾妻のさぎり天のぼりみゆ」と刻まれている。紅葉の見ごろ:9月下旬~10月上旬所在地:福島市・磐梯吾妻スカイラインアクセス:●お車…高湯料金所より約30分、浄土平駐車場より徒歩20分。●バス…福島交通定期バス「スカイライン一周」問い合わせ先:福島市観光案内所ファックス:(024)531-6428又は522-3265リンク:http://www.dorokosha-fukushima.or.jp/

詳しく見る

土湯温泉 足湯めぐり

遠く神代の時代、荒川のほとりを鉾で突くとこんこんと湯が湧いたことから「突き湯」と名付けられ、やがて「土湯」と呼ばれるようになったといいます。「かじかの湯」、「下ノ湯」、「月のゆぶじぇ」、「土ゆっこ」の4つの足湯があります。

詳しく見る

グランパークホテルエクセル福島恵比寿

種類:ホテル宿泊可能人数:150人全部屋数:117部屋設備・サービス:会議室、バー、宴会場、サウナアクセス:福島駅(新幹線)

詳しく見る