ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


栃沢ダム

昭和44年建築の多目的ダム。

詳しく見る

猪苗代第二発電所

東京駅を設計した辰野金吾博士が監修したクラシカルな建物。中には、創建当時と変わらない姿のダイナミックな水車発電機が、今も稼働してます。「歴史史料展示コーナー」でご案内もしてます。予約:30日前までに電話連絡を見学可能時期:降雪時を避けた4月から11月初旬 9:00から16:00工事期間等は見学できない場合があります。定員:10名から45名(団体様のみ)見学料:無料アクセス:磐越道「磐梯河東IC」より車で5分/磐越西線「磐梯町駅」より車で5分<お問い合わせ>東京電力(株)猪苗代電力所 地域・環境グループ・猪苗代第二発電所住所:会津若松市蚕養町10-1TEL 0242-22-4618FAX 0242-25-5601

詳しく見る

やないづ町立斎藤清美術館

平成7年に文化功労賞に顕彰され、柳津町の名誉町民である世界的版画家・故斎藤清画伯(平成9年逝去)の作品の数々を展示。画伯がこよなく愛した会津の風景画「会津の冬」などの作品を中心に、感性豊かで温かみを感じる約90点の作品を見学できる。展示室の他、映像コーナー、検索システム、車イス使用者対応トイレ有。盲導犬入館可。車イス貸出可。

詳しく見る

中田観音

弘安2年に建立されたので弘安寺と称され、中田の観音様と親しまれる会津ころり三観音のひとつ。本尊の十一面観音は縁結びや安産などのご利益があります。野口英世の母シカが息子・英世の火傷治療と立身出世祈願のために月参りしたことでも知られる、会津三十三観音の三十番札所。観音堂内には「だきつき柱」があり、信仰心のある方が抱きつくと何事も念願がかなえられるといわれる。春と秋に咲く四季桜がある。例祭日:8月9から10日 御開帳、11月10日 菊人形

詳しく見る

駒止高原

駒止湿原を中心とした一帯で、湿原の高山植物は国の天然記念物。標高:1135m。(問い合わせ先:南会津町役場商工観光課)

詳しく見る

崎川浜キャンプ場

目の前に猪苗代湖を臨む抜群のロケーション。アクセス:JR磐越西線会津若松駅~原赤津行バス1時間5分崎川浜下車徒歩10分

詳しく見る

やまぐち屋(手打ちそば)

高冷地の強清水で店主が種まき~心をこめて栽培し、厳選した玄そばを石臼で自家製粉し、清水を用いて打ち上げました。

詳しく見る

柳津つきみが丘町民センター

宿泊棟はもちろん、立ち寄り入浴ができる大浴場、会議などに使用できるコンベンションセンターなどが備わる。石造りの大浴場はガラス張りになっており、只見川の絶景と心地よいせせらぎがたっぷりと味わえる。人数表示:1名~50名アクセス:クルマ=磐越自動車道会津坂下IC~国道252号経由で約6km 駅~=JR只見線会津柳津駅~徒歩20分アクセス:クルマ=磐越自動車道会津坂下IC~国道252号経由で約6km 駅~=JR只見線会津柳津駅~徒歩20分

詳しく見る

新鶴温泉健康センター

温泉を利用した健康増進施設。健康温泉浴9カ所。隣接するほっとぴあ新鶴では宿泊も可(大人7、500円から)。

詳しく見る

太郎庵

会津の旬な素材を季節ごとに使用した限定商品も販売しており、「天神さま」と名づけられた和菓子スイーツが人気のお店です。会津地方では、桃の節句に男の子に学問の神様として崇められる会津天神の張子人形を贈ったという風習から、子どもがすこやかに育つようにとの思いを込めてこの名が付けられました。 その味は、塩味のきいた極上チーズクリームをしっとり、ふっくらした生地で包んだお菓子で、ほんのりと甘くどこか暖かい味は、子どもはもちろん、大人も納得の味です。 会津の伝統や風土を思い描く懐かしい味を、季節ともにご堪能ください。会津総本店・七日町菓房・会津城南店・にいでら工房店・西栄町店・猪苗代店・喜多方店・塩川店・会津高田店・会津坂下店・工場・売店

詳しく見る