ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


飯盛山

戊辰戦争の際、飯盛山背後にある戸ノ口原の戦いで敗戦した白虎隊が戸ノ口堰洞穴を抜け撤退。飯盛山から鶴ヶ城(会津若松城)が燃えていると錯覚しこの場で自刃したことで知られています。
当時、新政府軍は会津藩側の戦死者の埋葬を禁じていましたがその後許され明治17年に自刃の地、飯盛山中腹に白虎隊19士の墓(後、31士の墓を建立)を建てました。

詳しく見る

山本覚馬・新島八重生誕の地碑

鶴ケ城の西口から約500メートル、新島八重と兄の山本覚馬の生家である山本家があった付近に立つ碑。1989年に同志社が建立しました。戊辰戦争で鶴ケ城に籠城して戦った八重が、会津藩が降伏し開城前夜に詠んだといわれる歌が刻まれています。

詳しく見る

大龍寺

戊辰戦争の際には、小笠原長時夫妻と娘の墓がある小笠原家ゆかりの寺院であったため戦火をまぬかれ、新政府軍の野戦病院として使用されていました。ほかにも算学者・安藤有益をはじめ会津藩士族のお墓がたくさんあり、戊辰戦争殉難殉節供養の碑もあります

山本家は八重の高祖父(曽祖父の父親)の時代から、ここを菩提寺としていました。八重は、亡くなる前年の昭和6(1931)年、それまで点在していた山本家の墓を一カ所にまとめ、墓標を建立します。墓標の表には彼女が書いたといわれる「山本家之墓」の文字が、裏には「昭和六年九月合葬 山本権八女 京都住 新島八重子建之 八十七才」と刻まれています。

詳しく見る

道の駅にしあいづ 交流物産館よりっせ

道の駅にしあいづ 交流物産館よりっせでは、西会津町自慢のミネラルをバランスよく含んだ地元野菜を直売しており、その素材を使った薬膳料理や軽食も提供しておりゆったりと「くつろぐ」ことができる空間を提供しています。

詳しく見る

ふるさと自慢館

西会津町は、古くは優れた土器が出土する縄文集落でした。
江戸時代には越後街道の三大宿場として、大名が宿泊する御本陣が常設される特別な宿場町として栄え、幕末になると、東北の松下村塾とまで云われた学塾「研幾堂」が開設、歴史に名を刻む多くの門下生を輩出しました。
ふるさと自慢館ではこの類稀な歴史や文化、研幾堂から生まれた偉人達を歴史的な資料を交えて紹介し、西会津町の素晴らしさを後世へ伝える小さな資料館として、また、地域の皆様が多目的に利用できる交流の場として明治中期の写真でも確認できる、古くからある蔵を改装してオープンされました。他にも、如法寺にあった釣灯籠(国重文・現在奈良国立博物館所蔵)のレプリカや、洋菓子不二家のペコちゃん・ポコちゃんとの関係ほか、西会津町のおもしろ話・逸話の紹介など一風変わった展示もされています。

詳しく見る

会津美里町本郷インフォメーションセンター

会津美里町本郷インフォメーションセンターは会津美里町本郷地区の中心にあり、1Fが当町ならびに会津周辺地域の観光案内、会津本郷焼各窯元の代表作品を展示している無料休憩スペースです。コーヒー、つめっこ焼きなどの軽食もございます。
2Fは「会津本郷焼資料展示室」で、約400年の歴史を誇る会津本郷焼の古い陶磁器約百点を無料で見学する事が出来ます。

詳しく見る

阿弥陀寺

かつては鶴ヶ城本丸内にあった建物、御三階が境内に移築されています。御三階の外観上は三階ですが、内部が四層になっており密議の場所として使用されたといわれています。
明治3年本丸にあった鶴ヶ城御三階は阿弥陀寺にうつされ、仮本堂として使用されました。また阿弥陀寺には、戊辰戦争戦死者が埋葬されており、斉藤一の墓、萱野権兵衛遥拝碑もあります。

詳しく見る

大河ドラマ館

大河ドラマ「八重の桜」での衣装、ドラマのセットを再現したコーナーや射撃体験など、大河ドラマの世界を身近に感じることができます。八重の時代を堪能してください。
<期間>平成25年1月12日(土)~平成26年1月14日(火)

詳しく見る

恵隆寺/立木観音

会津三十三観音札所で、会津ころり観音のひとつ。観音像わきの「抱きつき柱」も有名。本尊立木観音像は、808年に立ち木で根の付いた状態の巨木を彫刻した事から立木観音と伝えられている。観音堂は1190年に建立された茅葺き屋根の寄棟造り。立木千手観音は、子年生まれの方の一代守護本尊です。誠の心で参拝する人には、貧富・老若男女を問わずすべての人々にご利益を授けてくれます。ご利益:極楽往生、縁結び、子授け、安産、子育て、誓願成就。例祭日:立木観音例大祭 8月17日、18日両日ともに午前10時、午後2時。所有文化財:本尊立木千手観音像(国重文)、観音堂(国重文)、二十八部衆、雷神、風神(県重文)、その他。アクセス:JR只見線塔寺駅から徒歩15分、磐越自動車道会津坂下I.Cから10分。URL:http://www.tachikikannon.jp/

詳しく見る

妖精美術館

森に囲まれた湖・沼沢湖のほとりに、世界中の妖精が集まっています。「妖精美術館」には、妖精を描いた絵画、絵本、文学の資料、人形、妖精をとり入れた小道具などがたくさんそろっています。日本でただ一つの妖精の館です。

詳しく見る

1 / 2812345...1020...最後 »