ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


薬師岳パノラマパーク

高村光太郎著「智恵子抄」の中で、智恵子が言った 「ほんとの空」の記念碑があります。
その名の通りをが近くに感じることができ、眼下には広がる街並みや安達太良連邦、吾妻小富士を楽しむこともできます。
あだたら高原スキー場にあるゴンドラ「あだたらエクスプレス」でわずか6分で到着します。

詳しく見る

日本きもの文化美術館

江戸から昭和初期の、「昔きもの」(アンティーク着物)を中心に展示しています。所蔵している着物は約3000点あり、常時60点前後を展示し、国内でも非常に貴重な「花魁道中着」を複数展示しています。

詳しく見る

ふるさと自慢館

西会津町は、古くは優れた土器が出土する縄文集落でした。
江戸時代には越後街道の三大宿場として、大名が宿泊する御本陣が常設される特別な宿場町として栄え、幕末になると、東北の松下村塾とまで云われた学塾「研幾堂」が開設、歴史に名を刻む多くの門下生を輩出しました。
ふるさと自慢館ではこの類稀な歴史や文化、研幾堂から生まれた偉人達を歴史的な資料を交えて紹介し、西会津町の素晴らしさを後世へ伝える小さな資料館として、また、地域の皆様が多目的に利用できる交流の場として明治中期の写真でも確認できる、古くからある蔵を改装してオープンされました。他にも、如法寺にあった釣灯籠(国重文・現在奈良国立博物館所蔵)のレプリカや、洋菓子不二家のペコちゃん・ポコちゃんとの関係ほか、西会津町のおもしろ話・逸話の紹介など一風変わった展示もされています。

詳しく見る

会津美里町本郷インフォメーションセンター

会津美里町本郷インフォメーションセンターは会津美里町本郷地区の中心にあり、1Fが当町ならびに会津周辺地域の観光案内、会津本郷焼各窯元の代表作品を展示している無料休憩スペースです。コーヒー、つめっこ焼きなどの軽食もございます。
2Fは「会津本郷焼資料展示室」で、約400年の歴史を誇る会津本郷焼の古い陶磁器約百点を無料で見学する事が出来ます。

詳しく見る

稲荷山

小峰城から南へ2㎞ほど離れた稲荷山は、奥州街道から白河城下に入る関門で、白河口の戦いでは、旧幕府軍が最も重要視した陣地でした。ここを落とすわけにはいかないと、会津藩や新撰組の山口次郎(斉藤一)などが守備にあたっていましたが、薩摩藩などに三方向から攻められて陥落しました。ここでの戦死者は、700人にも上るといわれています。現在は、山頂上付近は公園になっていて、西郷頼母の碑や会津藩戦死者の慰霊碑などがあります。

詳しく見る

百尺観音

相馬出身の仏師荒嘉明氏(昭和38年没)が諸国遊歴の後、生涯1仏1体を残そうと岩山を切り開き建立したのが百尺観音(麿崖仏百尺聖観世音尊像)です。氏は30余年を費やしましたが、完成を見ないまま他界しました。現在3代目の嘉道氏が制作を再開。
時が変わっても、人々の幸せを祈り続けています。

詳しく見る

涼ヶ岡八幡神社

建武年間(1330年代)に陸奥守北畠顕家の武将結城宗広が、武運長久を祈りこの神社を建立。天文十二(1543)年、相馬市の所領となり鎮守として崇敬。元禄八(1695)年には相馬家二十一代昌胤により宮殿造営、境内整備がなされました。
全面に向拝屋根をおろした流造風の本殿。入母屋造で正面に千鳥破風を飾った拝殿を幣殿でつなぐ権現造の社殿は国の重要文化財に指定されました。
また、毎年秋の例大祭(9月第3金曜・翌日土曜)には、「いもずいも」お振舞いが行われます。

※「いもずいも」とは、芋(里芋)の吸物がなまった方言といわれ、野暮が治り、無病息災・長寿に良いとされる伝統料理です。米を主食とする以前に、芋食文化の時代があったとされており、神様にも奉納されていた名残が現在まで引継がれているのではないかと伝わっています。

詳しく見る

阿弥陀寺

かつては鶴ヶ城本丸内にあった建物、御三階が境内に移築されています。御三階の外観上は三階ですが、内部が四層になっており密議の場所として使用されたといわれています。
明治3年本丸にあった鶴ヶ城御三階は阿弥陀寺にうつされ、仮本堂として使用されました。また阿弥陀寺には、戊辰戦争戦死者が埋葬されており、斉藤一の墓、萱野権兵衛遥拝碑もあります。

詳しく見る

大河ドラマ館

大河ドラマ「八重の桜」での衣装、ドラマのセットを再現したコーナーや射撃体験など、大河ドラマの世界を身近に感じることができます。八重の時代を堪能してください。
<期間>平成25年1月12日(土)~平成26年1月14日(火)

詳しく見る

白河戊辰見聞館

「白河戊辰見聞館~戊辰白河口の戦い展~」は、戊辰戦争最大の激戦であり、その後の会津を含めた東北全体へおよぶ重要な戦い「白河口の戦い」についての史料を展示しています。また、白河戊辰見聞館は、蔵や商家など、明治・大正期の建物を活用した複合施設「楽蔵」内にあり、お茶や食事、和雑貨やだるまの絵付け体験ができるお店もありますのであわせてご利用ください。

詳しく見る

2 / 13012345...102030...最後 »