ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


アサヒビール福島工場

ビールづくり学びプラザでは、ご案内係がビールの製造工程やミニ知識を楽しくご紹介します。
ご案内の後は、工場できたてのアサヒスーパードライの鮮度を実感してください!
ご予約はHPをご覧ください。

詳しく見る

大七酒造

大七酒造は1752年(宝暦二年)の創業以来、日本酒の最も正統且つ伝統的な醸造法である「生もと造り」一筋に、豊潤な美酒を醸し続けています。
大七酒造では、平日の営業日で業務に支障のない範囲で、見学を受け付けております。見学をご希望の方は、事前のご予約が必要となります。
 ゆったりご見学いただくため、施設の都合上、お受けできる人数は、原則として6名様までとさせていただきます。
 工場・仕込み蔵内の見学をご希望の場合は、見学なさる方全員の記名をお願いいたします。
 なお、酒造期間中は仕込み蔵内のご案内ができません。ただし、ホールにてテイスティングをお楽しみいただくことは可能です。
※詳しくはお電話でご相談ください。

詳しく見る

裏磐梯ビジターセンター

裏磐梯に訪れる多くの方に磐梯朝日国立公園の自然をわかりやすく展示し、自然に興味を持ってもらうために平成15年4月に開館いたしました。
出発前の情報収集、歩き終わった後の休憩や疑問解決等にぜひ気軽にお立ち寄りください。

詳しく見る

飯盛山

戊辰戦争の際、飯盛山背後にある戸ノ口原の戦いで敗戦した白虎隊が戸ノ口堰洞穴を抜け撤退。飯盛山から鶴ヶ城(会津若松城)が燃えていると錯覚しこの場で自刃したことで知られています。
当時、新政府軍は会津藩側の戦死者の埋葬を禁じていましたがその後許され明治17年に自刃の地、飯盛山中腹に白虎隊19士の墓(後、31士の墓を建立)を建てました。

詳しく見る

山本覚馬・新島八重生誕の地碑

鶴ケ城の西口から約500メートル、新島八重と兄の山本覚馬の生家である山本家があった付近に立つ碑。1989年に同志社が建立しました。戊辰戦争で鶴ケ城に籠城して戦った八重が、会津藩が降伏し開城前夜に詠んだといわれる歌が刻まれています。

詳しく見る

大龍寺

戊辰戦争の際には、小笠原長時夫妻と娘の墓がある小笠原家ゆかりの寺院であったため戦火をまぬかれ、新政府軍の野戦病院として使用されていました。ほかにも算学者・安藤有益をはじめ会津藩士族のお墓がたくさんあり、戊辰戦争殉難殉節供養の碑もあります

山本家は八重の高祖父(曽祖父の父親)の時代から、ここを菩提寺としていました。八重は、亡くなる前年の昭和6(1931)年、それまで点在していた山本家の墓を一カ所にまとめ、墓標を建立します。墓標の表には彼女が書いたといわれる「山本家之墓」の文字が、裏には「昭和六年九月合葬 山本権八女 京都住 新島八重子建之 八十七才」と刻まれています。

詳しく見る

白河ハリストス正教会

明治9年(1876)に宣教をはじめ坂本龍馬の従兄弟、沢辺琢磨が白河に居住し初代司祭を務めました。沢辺は日本ハリストス正教会初の正教徒であり、最初の日本人司祭でした。また新島襄のアメリカ密航の手助けをしたことでも知られています。

詳しく見る

医王寺

源義経の家臣、佐藤継信、忠信一族の菩提寺、源平合戦において、継信、忠信兄弟は義経の身代わりとなり壮絶な最後を遂げたと言われています。戦いで二人の息子を失い悲しみにくれる老母のために嫁達が武将の姿をして慰めたという孝行話が残っています。

詳しく見る

いわき市フラワーセンター

1年を通して約600種類・5万本の様々な植物を敷地面積約260,866.62m²の広大な園内で見物することができます。年間を通じて楽しめるイングリッシュガーデンやバラ園が人気です。

詳しく見る

ケヤキの森

樹齢約300年、直径2m超のケヤキが30本程度群生する貴重な「ケヤキの森」を一望できる地点まで散策路が整備されています。癒しを味わえる空間として人気のスポットです。

詳しく見る

1 / 13012345...102030...最後 »