ロゴ

ドライブマップ

ジャンルで絞込み


エリアで絞込み


フリーワードで絞込み

絞り込み検索


アウトドアスポーツのわざ(カヌー&カヤック)

カナディアンカヌー・ネイチャートレッキング・ネイチャースキー・スノーシュートレッキング・登山自然に興味を持つことが自然保護の第一歩だとスタッフ一同考えています。まず自然を楽しみましょう。(問い合わせ先:もくもくOD塾)

詳しく見る

安達ヶ原公園

緑地公園で園内散策路も整備されている。春の桜は電飾がなされ、多くの人でにぎわう。種類:公園開館時間[休日]:通年料金:無料アクセス:東北自動車道二本松I.Cから10分問い合わせ先:二本松観光協会(市商工観光課)ファックス:(0243)22-7848メール:kankokyo@fancy.ocn.ne.jp

詳しく見る

長浜

国道49号線に面していて、ヨットハーバーや遊覧船の発着場になっています。遠浅の湖岸は波も静かで湖水浴に適しており、夏は大変ににぎわう場所です。冬はシベリアから飛来した白鳥やカモの越冬地となり、えさをねだる野生の鳥たちに最も近づいて観察できる場所として親しまれています。ここは昔から開けた港で、陸路が未整備だった昭和初期までは船による輸送の中心的場所でした。 砂浜は短いですが、ヨット、モーターボート、遊覧船があります。 もちろん足こぎボートもあります。 遊覧船はカメ丸とイルカ丸が就航しています。 路線バスもあります。 (問い合わせ先:長浜観光協会)

詳しく見る

安達ヶ原ふるさと村

鬼ばば伝説の地に、二本松の歴史と伝統的生活文化がひとめでわかる武家屋敷、養蚕農家、鍛冶屋などを再現。車イス使用者対応トイレ有。車イス貸出可。盲導犬入館可。

詳しく見る

磐梯朝日国立公園・吾妻連峰

福島・新潟・山形の3県にまたがり、北海道の大雪山に次いで全国第2の面積規模をもつ国立公園です。側には、見所の中心である磐梯山・吾妻連峰・安達太良連峰・飯豊連峰の一部などの山々と猪苗代湖があります。磐梯・吾妻地区には磐梯吾妻スカイライン・磐梯吾妻レークライン・磐梯山ゴールドライン・西吾妻スカイバレー・母成グリーンラインの観光道路が整備され、名実ともにふくしまをリードする観光圏をかたちづくっています。大きな特徴は、ダイナミックな火山地帯とそこに生きる動植物の生態がつくりだす、変化に富んだ自然景観の広がりです。とりわけ、激しい火山作用や厳しい山岳の環境条件のもと力強く生育する高山植物の数々は、訪れる人々の目と心を清らかな喜びで満たしてくれます。天然記念物であり、県の花にも指定されているネモトシャクナゲ(ヤエハクサンシャクナゲ)は、吾妻連峰、安達太良連峰に自生するもので、2重3重の花弁が特徴です。 磐梯高原誕生の後ろだて役にもたとえることができる吾妻連峰は、最高峰の西吾妻山(2035m)をはじめ2000mクラスの山々が連なる那須火山中最大の山塊です。指定:国立公園

詳しく見る

シルクバレーキャンプ場

アクセス:会津鬼怒川線会津高原尾瀬口駅から木賊温泉行きバス木賊温泉下車徒歩30分、東北自動車道西那須野塩原I.Cから2時間問い合わせ先:シルクバレーキャンプ場

詳しく見る

水と緑のふれあいランドフリーサイト施設

藤沼湖のほとりにある、ヨーロピアン調のコテージ村とオートキャンプ場。 澄み切った空気と景観の美しさ、湖水をわたる風の心地よさ・・自然の魅力がいっぱいです。(問い合わせ先:藤沼湖自然公園内管理センター)

詳しく見る

裏磐梯サイトステーション

自然歩道等紹介コーナー、休憩コーナー、トレッキングマップ等販売

詳しく見る

柳津温泉

柳津は福満虚空蔵尊圓蔵寺を中心に栄えた門前町で、もともと宿坊が軒を連ねていたが、今では温泉旅館に姿を変え、只見川沿いで一番大きな温泉街となっている。初夏に見られる只見川の川霧、秋の紅葉はこの地を訪れる者を魅了してやまない。(問い合わせ先:柳津観光協会)

詳しく見る

バイロンネルソンカントリークラブ

アメリカゴルフ界の巨星・バイロンネルソンの設計。力強さと伸びやかさを感じさせるウエストコース、エレガントな魅力をアピールしながらも、スリリングなホールで完結するサウスコース、クラシックスタイルのイーストコースがあり、それぞれ趣の異なるコースがゴルファーのプレー意欲を駆り立てます。

詳しく見る