西会津町は、古くは優れた土器が出土する縄文集落でした。
江戸時代には越後街道の三大宿場として、大名が宿泊する御本陣が常設される特別な宿場町として栄え、幕末になると、東北の松下村塾とまで云われた学塾「研幾堂」が開設、歴史に名を刻む多くの門下生を輩出しました。
ふるさと自慢館ではこの類稀な歴史や文化、研幾堂から生まれた偉人達を歴史的な資料を交えて紹介し、西会津町の素晴らしさを後世へ伝える小さな資料館として、また、地域の皆様が多目的に利用できる交流の場として明治中期の写真でも確認できる、古くからある蔵を改装してオープンされました。他にも、如法寺にあった釣灯籠(国重文・現在奈良国立博物館所蔵)のレプリカや、洋菓子不二家のペコちゃん・ポコちゃんとの関係ほか、西会津町のおもしろ話・逸話の紹介など一風変わった展示もされています。

名称のフリガナフルサトジマンカン
住所耶麻郡西会津町野沢字原町乙2147
郵便番号969-4406
電話番号0241-45-3235
公式サイトURLhttp://www.nishiaizu-shokokai.net/zimankan.html
入場料無料
営業時間10:00~16:00
定休日火曜日
駐車場の有無
カテゴリー観る