古墳時代後期、6世紀末頃の築造。全長60mの前方後円墳で指定文化財。病気でなくなった双子の子供の供養に、母親が土を運び2つの塚を築いたという言い伝えがある。年代:6世紀末頃所在地:大玉村大山字二子塚アクセス:東北自動車道本宮I.Cから20分問い合わせ先:大玉村観光協会、(村企画財政課内)

名称のフリガナふたごつかこふん
住所安達郡大玉村大山字二子塚
郵便番号969-1301
電話番号0243-48-3131
カテゴリー観る